開催中の展覧会情報

2020年 春季展

もう一人の茶道大成者 ― 古田織部

2020年1月18日〔土〕
      ~ 5月19日〔火〕
開館時間
休館日=月曜休館(祝翌日休館)
 ※GW期間中は開館5月7日(木)は休館いたします
入館料=大人500円/大学生・高校生400円
      小中学生300円/未就学児 無料
      団体(15人以上)100円引
後 援=京都市、京都新聞

もう一人の茶道大成者 ― 古田織部
クリックすると大きな画像が開きます

ごあいさつ

 千利休亡き後、秀吉によって「天下一」の茶人に指名されたのは古田織部でした。後に織部は、徳川二代将軍秀忠の茶の湯指南役となり、茶会の式法などを整備していきます。同時に「へうけもの」(ひょうげ物)と呼ばれた歪み茶碗や、織部焼の会席食器を茶会で用いるようになります。今回の展示では、利休と、もう一人の茶道大成者というべき織部が創案した道具から、その茶の湯に迫ります。また、茶書を通して、織部が始めた茶法が現在の茶の湯にどう受け継がれているかを明らかにします。

展示品目録

No 作品名 作者 箱書 日付・宛先・銘 制作年代
1 古田織部像 雲鶴 賛     江戸時代中~後期
2 自筆 書状 古田織部(1543~1615)筆   (慶長五年頃)正月廿七日付 平岡頼勝宛 桃山時代
3 織部好 溜 寸切     織部好仕覆 二つ 桃山時代
4 竹茶杓 古田織部 作 一啜斎宗守 筒   桃山時代
5 織部好 繰口 筋釜 大西浄久(?~1686)造 〔蓋〕名越昌孝(1779~1849)造     江戸時代前期
6 備前 菱口 袋形建水       桃山時代
7 備前 耳付 糸目水指       桃山時代
8 織部黒 茶碗   寺尾道可 箱書 銘「深山烏」 桃山時代
9 絵唐津 沓鉢(茶碗)       桃山時代
10 絵唐津 茶碗       桃山時代
11 絵志野 草花文 四方向付       桃山時代
12 絵志野 桐紋に松図 三角 向付       桃山時代
13 志野織部 阿古陀形香炉       桃山時代
14 黒織部 釘抜 山形文 茶碗       桃山時代
15 青織部 跳釣瓶図 州浜形 香合       桃山時代
16 織部数寄屋指図 小堀遠州(1579~1647)筆     江戸時代前期
17 茶湯五宗匠 数寄 引歌 井野口宗休 筆   (紹鴎、利休、織部、宗箇、遠州) 江戸時代中期
18 利休茶湯忌避七箇条 長盛庵 宗珍 筆     江戸時代中~後期
19 織部 二重肩衝 茶入     (底に「×」の窯印有) 桃山時代
20 美濃伊賀 耳付花入       桃山時代
21 美濃伊賀 耳付花入     (底に「T」の窯印有) 桃山時代
22 美濃伊賀 捻貫三角花入       桃山時代
23 美濃伊賀 耳付 三角水指     (底に「T」の窯印有) 桃山時代
24 『織部百ヶ条』 巻       桃山時代~江戸時代前期
25 青織部 重扇形 向付       桃山時代
26 青織部 誰袖形 向付       桃山時代
27 青織部 笠形 向付       桃山時代
28 青織部 八橋形 向付       桃山時代
29 青織部 八橋形 向付       桃山時代
30 『古織伝』 岡村登々之助(大坂衆)著   版本 江戸時代前期
31 『草人木』     正保三年(1646)版 版本 江戸時代前期
32 『茶譜』   顕岑院旧蔵 写本 江戸時代中~後期
33 『茶話指月集』     写本 江戸時代後期
34 『茶之湯三伝集』 遠藤元閑 著   元禄四年(1691)跋 版本 江戸時代中期
35 『茶之湯六宗匠伝記』 遠藤元閑 著   寛保二年(1742)版 版本 江戸時代中期
36 志野織部 吊柿文 千鳥形 筒向付       桃山時代
37 青織部 剣先口 筒向付       桃山時代
38 赤織部 筒向付       桃山時代
39 青織部 ずれ弾 香合       桃山時代
40 茶湯四宗匠狂歌     (織部・遠州・宗和・宗旦) 江戸時代前期
41 古高取 藁灰釉 徳利 内ヶ磯窯     桃山時代
42 古高取 肩衝茶入 内ヶ磯窯 小堀権十郎政尹 箱(甲書)  銘「雨夜」 (底に「シ」の窯印有) 桃山時代
43 古高取 耳付 矢筈口水指 内ヶ磯窯     桃山時代