樂焼玉水美術館HOME 古田織部美術館HOME お問い合わせ


【過去の展示】
会期 : 2022年1月22日〔土〕~7月10日〔日〕
江戸時代後期において現代にも通じる独創的な意匠の道具も数多く作った陶工、楽 一介。花入、水指、向付、皿などの多種多様な作品と、同時代以降の様々な窯で焼かれた楽焼のなかから特に「楽」印を用いた作品を展示。
樂焼玉水美術館「江戸後期の創作の鬼才・楽一介と
「樂」印を用いた楽焼諸窯」
開館・楽一元三百年忌・保田憲司五十年忌記念特別展
会期 : 2021年5月15日〔土〕~2022年1月17日〔月〕
弥兵衛焼三代と、玉水焼は四代に絞って、茶碗、茶入、香炉・香合、資料約七十点を展示。中でも一元や任土斎(一元次男)の光悦写の茶碗や、ノンコウ(道入)自筆写の楽家秘伝書は必見。玉水焼の楽翁以降の独創的な焼物も見どころ。
樂焼玉水美術館「弥兵衛焼三代、玉水焼四代」
Copyright (C) 一般財団法人 古田織部美術館 All Rights Reserved.